レーダー探知機を活用して、安全運転を心がけ、スピード違反をしないようにしましょう。

昨日、友達がスピード違反で捕まりました。結構な金額を振り込むことになったそうです。

安全運転ができていないからで仕方がないことです。運が悪かったなんて言葉で片付けてはいけない話ですね。

そこで、私も安全運転をするために「レーダー探知機」購入することにしました。

警察に捕まりたくないからではありません。点数・罰金を失いたいわけでもありません。あくまで、安全運転を心がけるために買うのです。ここは非常に大切な部分になりますので、繰り返します。

「安全運転を心がけるためにレーダー探知機を購入」するんです。

これは建て前だな!と思ったあなた!そこはスルーしないといけません。

本音はさておき、実際にスピード違反した場合の点数と罰金を見てみることにしましょう。

一般道路と高速道路で点数・罰金が異なります。

一般道路のスピード違反

交通違反の種類 点数 反則金
15km未満 1 9,000円
15km以上~20km未満 1 12,000円
20km以上~25km未満 2 15,000円
25km以上~30km未満 3 18,000円
30km以上~50km未満 6 簡易裁判で罰金決定(赤キップ)
罰金はおよそ6~8万円。ケースにより異なる。
60km超過で10万円にもなる場合も。
50km以上~ 12

高速道路のスピード違反

交通違反の種類 点数 反則金
15km未満 1 9,000円
15km以上~20km未満 1 12,000円
20km以上~25km未満 2 15,000円
25km以上~30km未満 3 18,000円
30km以上~35km未満 3 25,000円
35km以上~40km未満 3 35,000円
40km以上~50km未満 6 簡易裁判で罰金決定(赤キップ)
50km以上~ 12

今までつかまったときはほとんど20km未満だったと記憶しています。と言っても2回ほどです。記憶の中では、40km制限の道での違反だったと思います。

最近はゴールド免許なので違反は全くしていませんよ。

最近のレーダー探知機は多機能になっているので、一度それも体験してみたいと思っています。OBDIIコネクターにアダプターをさせば、電源の別に取らなくて良いし、車の情報も表示できる機種がほとんどみたいですね。

今回は、クルマをターボ車にしたのでブースト計と水温計を表させてみたいと思ったのも購入する理由ですね。
では、どんなレーダー探知機が人気なのか調べてみました。そして3つに絞ってみました。

【気になったレーダー探知機】

1.COMTEC(コムテック)ZERO 300V + OBD2-R2セット

2015年6月発売の商品です。

ZERO300V 商品説明
《新機能・特徴》
★移動式小型オービス対応!
★ラウンドアバウト(環状交差点)対応!
★新交通規制【ゾーン30】対応!
★LEDとフラットスイッチによって視認性、操作性が向上!
※LEDは好みに合わせてブルー/ホワイト/レッド/イエロー/グリーン/OFFから設定できます。
★新型オービス対応!
★ハイブリッド、アイドリングストップ車対応!
★ハイブリッド専用表示対応!
★3.0インチ大画面&コンパクトボディ!
★グロナス&準天頂衛星「みちびき」受信&最速GPS測位対応!
★GAGAN、ひまわりにも対応!
★本体スイッチ操作!
★OBD2接続(オプション:OBD2-R2)対応!
※OBD2接続の場合OBD2からレーダー本体に電源が供給される為付属のシガープラグコードの配線は必要ありません。
※ご購入前に必ずOBDIIアダプター適合表で適合の確認をお願いします。
★OBD2情報など最大74項目表示が可能!
★車速認識で自車位置精度が格段に向上!
★トンネル内も車速表示!
★燃費・ブースト・水温・タコメーターなどの車両情報を表示!

《基本性能》
★18バンド受信(フルバンド受信)
★超高感度GPS
★Gセンサー
★取締検問データ39,000件以上
★公開取締情報
★最新データ無料ダウンロード更新対応
★3.0インチカラー液晶
★3Dグラフィック警告
★ボイス警告
★誤警報キャンセル

最新型の2016年モデルはこちらです。

2.COMTEC(コムテック)ZERO 700V + OBD2-R2セット

COMTEC(コムテック)ZERO 300V の上位モデルですね。これは2015年3月発売の商品です。

画面が大きくなりタッチパネルになったりと上位のモデルらしいですね。

ZERO700V 商品説明
《新機能・特徴》
★製品3年保証
★移動式小型オービス対応!
★ラウンドアバウト(環状交差点)対応!
★新交通規制【ゾーン30】対応!
★車内を優雅に演出する、Brilliant LED 搭載!
★新型オービス対応!
★ハイブリッド、アイドリングストップ車対応!
★ハイブリッド専用表示対応!
★3.2インチ大画面&コンパクトボディ!
★グロナス&準天頂衛星「みちびき」受信&最速GPS測位対応!
★GAGAN、ひまわりにも対応!
★タッチパネル/タッチスイッチ/リモコン操作!
※リモコンなしでも本体のみですべての操作が可能!
★OBD2接続(オプション:OBD2-R2)対応!
※OBD2接続の場合OBD2からレーダー本体に電源が供給される為付属のシガープラグコードの配線は必要ありません。
※ご購入前に必ずOBDIIアダプター適合表で適合の確認をお願いします。
★OBD2情報など最大138項目表示が可能!
★車速認識で自車位置精度が格段に向上!
★トンネル内も車速表示!
★燃費・ブースト・水温・タコメーターなどの車両情報を表示!
★最新の地図に無料で更新できる!

《基本性能》
★18バンド受信(フルバンド受信)
★超高感度GPS
★Gジャイロ
★取締検問データ39,000件以上
★公開取締情報
★最新データ無料ダウンロード更新対応
★3.2インチカラー液晶
★地図・実写の2画面警告
★ボイス警告
★誤警報キャンセル

2016年2月発売の最新機種はこちら。

3.ユピテル Yupiteru GPS&レーダー探知機 霧島レイモデル Lei Lite

Yupiteru(ユピテル)×萌えキャラのコラボレーション!

CV:沢城みゆき 新フレーズを含む約1,100フレーズ収録!

こんなレーダー探知機があってもいいかも?と思いました。

GPS&レーダー探知機 霧島レイモデル Lei Lite

【特長1】「霧島レイ」の声優は、人気実力派声優の「沢城みゆき」
カーナビやレーダー探知機の「霧島レイ」モデルで登場する霧島レイは、 人気実力派声優の「沢城みゆき」さんが演じています。もちろん、 「Lei Lite」でも沢城みゆきさんが担当し、新フレーズを含む約1,100 フレーズが収録されています。

【特長2】3D モデルがかわいらしくアニメーション
3Dモデルは、霧島レイオリジナル曲「Wish upon a Star」でも映像制作を担当した「わかむらP」の手によるデザイン。「Lei Lite」でもかわいらしくアニメーションします。

【特長3】選べる2 つのコスチューム
「Lei Lite」の霧島レイは、「ノーマルレイ」と「ちびレイ」という、2つのコスチュームから選択できます。コスチュームによって性格が異なり、おしゃべりや警報フレーズも違ったものになります。

【特長4】充実の機能
ユピテルのGPS&レーダー探知機最新モデルとして、充実の機能を備えています。
・GPS登録件数12万4千件以上(業界最多)
・GPS衛星59基対応(グロナス対応)
・大画面3.6インチワイド液晶
・スリムボディ17mm(業界最薄クラス)
・クイック測位GPS受信
・4センサー搭載
ジャイロセンサー/G(加速度)センサー/気圧センサー/照度センサー
・特許!誤警報カット「iキャンセル」搭載
・新交通規制「ゾーン30」対応
・「オービス・コンテンツデータ」更新プラン(有料)対応
無線LAN自動更新(オプション)も対応
・OBDII対応(オプション)で、様々な車両情報を取得できる

その他にも沢山の種類があるため迷ってしまいますね。私は、とりあえずこの中で選んでみたいと思います。
今回選んだ商品はすべて「OBDII対応」のモデルです。これは、OBDⅡとは、簡単に言うと「自動車の自己診断機能」のことでここのコネクターにアダプターをさすことで、いろいろな情報がレーダー探知機に反映されることになります。

最近のレーダー探知機のすごいところがまさにこれですね。実に進化していますね。しばらくレーダー探知機と関わっていなかったから進化についていけませんね。

それ以外のレーダー探知機をお探しならこちらです。

⇒ レーダー探知機 一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です