稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

Affinger(アフィンガー)はブログやサイトで広告収入を得るアフィリエイト(アドセンスやASP)に特化したWordPressテーマです。その最新版が『AFFINGER4』です。

 便利ツール『メモ紙』が思った異常に便利でした。

目安時間:約 3分

かんたんな操作でメモをとれるソフトを紹介します。

それは、

 

『メモ紙』

 

です。

 

無料ソフトなので「Vector」からダウンロードできます。

 

こちらからVectorのダウンロードサイトに行けます。

 

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/personal/se388286.html

 

使用方法は

ネットで調べたことをメモしたり、ちょっと気になったことを書き留めたりするの快適なソフトです。

 

機能を簡単に説明すると、

 

◆階層の並び替えを簡単にできる

 

◆わざわざ保存しなくてもソフトを閉じれば保存されている

 

◆バックアップ機能が付いている。

 

 

 

** よく使用する基本操作 **

 

■テキストページを追加する

一番左のボタンを押します。

 

■フォルダを追加する

左から2番目のボタンを押します。

 

■タイトルを変更する

左から3番目のボタンを押します。

 

 

** その他の機能について **

他にも色々な機能があります。

 

詳しい内容は

『ヘルプメニュー → HTML説明書』で画像付きで解説されています。

 

概要

・ドラッグ&ドロップによるページの移動

・バックアップ機能

・テキスト形式でのコピー/ペースト

・背景色のカスタマイズ

 

無料ですので一度是非使ってみてください。

 

実際私も使っていますが、思っていた以上に便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

レンタルサーバーは有料か無料か?当然有料でしょ。

目安時間:約 3分

レンタルサーバーは有料か無料か?

 

レンタルサーバーには有料で提供されているものと、無料で提供されているものがあります。

 

サービス面で考えれば有料の方が充実しているのですが、簡単に使うくらいなら無料でも十分と言えます。

 

有料と無料のどちらかで迷っているなら、まずは無料版を使ってみるのも1つの手です。

 

しかしその後、有料レンタルサーバーを使おうと思ったら引っ越しが面倒なので、もの足りなさを感じるなら最初から有料レンタルサーバーの方が良いでしょう。

 

もう少し詳しく無料と有料についてお話します。

 

 

 

無料サーバーについて

 

無料サーバーの利点は、単純に無料であることだけです。

 

はっきり言ってそのほかになにもありません。広告は入るし、独自ドメインが使えないし、私が思うに有料サーバーの練習ようではないかと思います。

 

アフィリエイトをお考えでしたら、最初から有料サーバーを借りておくことをおすすめします。そのときに無料サーバーを借りてアフィリエイトのサイトの練習でお使いになることをおすすめします。

 

 

 

有料サーバーについて

 

 

有料サーバーは、有料な分優良ですね。

 

無料では制限されていたことは制限なしで利用できます。ここでメリットを簡単に説明します。

 

 

・広告などが一切挿入されないので、自分の思い通りのレイアウトが可能
・CGIやPHPなどを利用出来る
・自分のドメインのメールアドレスを持てる
・無料レンタルサーバーに比べ容量が大きい
・独自ドメインが持てる
・SEO的にも有利 (独自ドメインを使えたりサーバーからの強制的な広告がないので)
・サポート体制が充実しているのでトラブルにも迅速に対応してくれる
・商用利用(アフィリエイト)が出来るところが多い

 

 

などがあります。デメリットは初期費用や月々のレンタル料が発生することです。

 

色々なプランが各レンタルサーバー会社でありますので金額を含め自分にあったサーバーを探しましょう。

 

 

私が使っているのは「エックスサーバー」です。

 

詳細はこちらからどうぞ

 

 → エックスサーバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

レンタルサーバーはどこが一番おすすめですか?

目安時間:約 6分

今回は、レンタルサーバーについて書いてみます。私も借りています。どこが良いのかはっきりいって詳しいことはわかりません。そこで、レンタルサーバーについて調べましたので参考にしてみてください。

 

 

レンタルサーバーとは?

 

レンタルサーバーサービスとは、インターネットに情報を発信するコンピュータ(サーバー)をレンタルして利用するサービスのことです。

 

ホスティングサービスとも呼ばれています。

 

インターネット上にホームページを公開したり、メールなどのデータ保管場所として利用することで一般的に知られていますが、利用者の意図に合わせてその他様々な用途に使用することができます。

 

 

レンタルサーバーには個人利用からビジネス利用に対応した様々なサーバー性能、運用形態があり、比較的高機能になるとレンタル料は高くなります。

 

単に高機能なレンタルサーバーを借りてしまって、不要なレンタル料を支払う必要がないよう、自分の用途に合ったレンタルサーバーを利用しましょう。

 

 

レンタルサーバーの種類と主な用途

 

レンタルサーバーには大きく分けて4種類のサービス形態があります。

 

ウェブサイト等のデータをレンタルサーバー上に置いておくという点では同じですが、やりたいことの違いによって使い分ける必要があります。

 

今回はその4つを簡単に説明します。覚える必要はありません。こんなのがあるのかだけしっていればいいと思います。

 

 

共有サーバー

 

1台のサーバーを多くのユーザーで共用するレンタルサーバーです。

 

特徴はレンタル料が安いことです。1台あたりの利用ユーザーが多いので、その分コストが下がり、数百円から利用することが可能なものもあります。

 

個人でウェブサイトを作成する程度であれば、十分な機能を備えています。

 

主な用途
通常のウェブサイトを作成し公開する程度で、プログラムを多様してないものなど

 

 

専用サーバー

 

一台のサーバーを1ユーザーで利用できるレンタルサーバーです。

 

拡張性がとても高いことが特徴で、サーバー運用の知識は必要ですが利用できる機能が多彩です。サーバー1台を専有するためレンタル料は高めです。

 

おもにビジネス利用することを想定した機能が備わっています。

 

主な用途
プログラム、データベースを利用した大規模なウェブサイトの作成セキュリティの強固なウェブサイトの作成 など

 

 

VPS

 

VPS(バーチャルプライベートサーバー)という、一台のサーバーを、仮想的に複数の専用サーバーとして利用できる技術を使ったレンタルサーバーです。共有・専用サーバーの良いところをもち、低価格で、高機能なサーバーを利用できます。ただし、高機能である反面、サーバー運用の知識がある程度必要です。

 

主な用途
プログラム、データベースを利用した大規模なウェブサイトの

 

作成セキュリティの強固なウェブサイトの作成 など

 

 

 

クラウド

 

インターネット上の仮想的なレンタルサーバーです。容量の増設や、処理速度の増強などをかなり柔軟に調整することができます。

 

機能が幅広く設定できるので低額から利用開始することができます。ただしサーバー運用の知識がある程度必要です。

 

主な用途
プログラム、データベースを利用した大規模なウェブサイトの

 

作成セキュリティの強固なウェブサイトの作成 など

 

 

 

 

4種類のサーバーがあるわけですが、はっきり言って個人で初めて利用するのであれば共有サーバーで十分です。

 

後はどの共有サーバーを借りるかだけです。私が今使っているところは「エックスサーバーです。興味があれば見てみてください。

 

 ⇒エックスサーバー

今まで使っていて不具合など全くありませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
FBプチリッチ本なか見探索!無料覗き見&プレゼントキャンペーン
プチリッチへのインターネット収入ツアー 1日30分から自宅でイージー・ゼロスタート!!
NEO-ノンバトルアフィリエイト
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
にほんブログ村
Twitter

ページの先頭へ

太陽光発電